コパ・アメリカ2019ウルグアイとの白熱ドローに世界驚愕「日本がサプライズ」「今大会最高の試合」

ウルグアイ戦 サッカー

ポルト・アレグレでの驚愕

 日本代表は現地時間20日、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。

 MF三好康児(横浜F・マリノス)の殊勲の2ゴールで優勝候補ウルグアイを苦しめたことから、海外メディアも「日本がサプライズ」「コパ・アメリカで最高の試合」と驚きの声が上がっている。

 17日のチリ戦(0-4)から6人のメンバーを入れ替えた日本。三好は右サイドに入ると、前半25分には早速先発起用に応えてみせる。MF柴崎岳(ヘタフェ)のロングフィードに抜け出した三好は果敢なドリブルでペナルティーエリア右へ侵入。対峙したDFディエゴ・ラクサール(ACミラン)を振り切ると、そのまま右足を一閃し、ネットに突き刺した。

 前半32分にDF植田直通(セルクル・ブルージュ)が与えたPKを、エースFWルイス・スアレス(バルセロナ)に決められるも、1-1で迎えた後半14分、日本のテンポの良いパスワークから最後は再び三好が押し込み、勝ち越しゴールを奪うことに成功する。同21分にCKからDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)にヘディングを叩き込まれ、試合は2-2のドローで終えるも、大会屈指のタレントを誇る強敵ウルグアイを相手に貴重な勝ち点1を手にした。

 海外メディアも日本が見せたパフォーマンスに反応。コロンビアメディア「ANTENA2」は「日本がサプライズをもたらし、ウルグアイ相手に白熱したドローを演じた」と大々的に取り上げると、メキシコメディア「Sopitas」は日本とウルグアイの一戦を「今大会のコパ・アメリカで最高の試合」と、試合内容も魅力的な展開であったことを紹介している。

 ペルーメディア「depor.com」は「ポルト・アレグレでの驚愕」と綴り、「びっくりだ!」と驚きを示している。若手主体で今大会に臨んでいる森保ジャパンだが、そのポテンシャルを世界に知らしめることができたようだ。(Football ZONE web編集部)

「日本がサプライズ」 ウルグアイとの白熱ドローに世界驚愕「コパ・アメリカ最高の試合」
日本代表は現地時間20日、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。MF三好康児(横浜F・マリノス)の殊勲の2ゴールで優勝候補ウルグアイを苦しめたことから、海外メディアも「日本がサプライズ」「コパ・アメリカで最高の試合」と驚きの声が上がっている。17日のチリ戦(0-4

Twitterの声

>>>DAZN公式サイト

タイトルとURLをコピーしました