『ヒーローショーのお姉さん』セクハラ告発問題で東映が「概ね確認」と公式サイトで謝罪

セクハラ告発問題 ニュース

ハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました

6月23日に『ヒーローショーのお姉さん』中山愛理さんがセクハラやパワハラがあった事を告発問題で、ヒーローショーを制作する会社の東映が公式サイトで謝罪のコメントを発表しました。
この謝罪コメントに対してTwitterでは「まともな謝罪で驚いている」とのツイートが多く発信されています。

記事によると…

 東映は6日、東京ドームシティー内になるヒーローショー劇場「シアターGロッソ」で“お姉さん”を務めていた女性が自身のSNSを通じ、度重なる嫌がらせやセクハラ、パワハラを受けていたことを明かした問題で「ハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました」として、公式サイトで謝罪した。
東映は経緯を報告したうえで「詳細を調査中」としつつも、被害者、関係者への聞き取りで「株式会社東映エージエンシー社員1名のほか委託先の会社に所属するスタッフ等の計6名により、SNS上での訴えがございましたハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました」と報告。さらに「被害を受けた方及びご家族に心よりお詫び申し上げます。また、ヒーローショーを楽しみにしてくださるお客様、シアターGロッソを運営する株式会社東京ドームをはじめとする関係各社様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

今後について「ヒーローショーを制作する会社としての責任を重く痛感し、被害を受けた方の訴えを真摯に受け止め、ハラスメント等を行ったスタッフに対し、今後その関与の度合いに応じた厳粛な処分・対応を行います」とし、再発防止策などを示した。

東映、ヒーローショー“お姉さん”へのセクハラ&パワハラ問題 「概ね確認」で公式サイトで謝罪 - スポニチ Sponichi Annex 芸能
東映は6日、東京ドームシティー内になるヒーローショー劇場「シアターGロッソ」で“お姉さん”を務めていた女性が自身のSNSを通じ、度重なる嫌がらせやセクハラ、パワハラを受けていたことを明かした問題で「ハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました」として、公式サイトで謝罪した。

中山愛理さんのツイート

Twitterでも話題

関連記事>>>東京ドームシティ内シアターGロッソ「ヒーローショーのお姉さん」中山愛理さんがセクハラ告発し話題!

タイトルとURLをコピーしました